ぽんぽん丸航海日記

大航海オンラインだったりラグナロクオンラインだったりなブログ。 (C)2005 KOEI Co., Ltd. All rights reserved.

スポンサーサイト [スポンサー広告]

--.--.-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ▲ Pagetop

どうすりゃいいねん・・・ [雑記]

2013.04.28 Sun 17:22

俺は携帯はauを使っております。
auだと「auスマートパス」ってのがあってスマホアプリが300円で落とし放題なわけです。
ゲームばっか落としちゃ消してるわけですが小さい店や国をコツコツでかくしてく系に快楽を見出すタイプなものでシミュレーションやストラテジー系のを落としちゃ消してるわけです。
カイロソフトさんのは分かりやすくドット絵が愛らしいのでおすすめ。

んである日の事「世界に一つだけしかない君だけの王国を作り上げよう!」という説明文の「タウンズメンR」ってのをインスコしてみたんだがこれがなんかもう・・・

ほのぼの経営シミュレーションってジャンルになってるけど全然嘘だ!
主人公のノエルは亡くなった父親の後を継ぎ、小さい町の領主になります。
精霊のシルヴィやペットのローズと共に貧しい村を建て直し重税を課してくる王政に反撃しないといけません。
ステージごとにノルマがあってそれを満たせばクリアなんだが結構時間や住民の幸福度など色々シビアな条件が絡んできます。
またこの精霊のシルヴィが毒舌。
毒舌
そんな「お前の母さんを助けられなかったのはお前に力がなかったからだ 俺が巨人に立ち向かわなかったのは俺に勇気が無かったからだ」みたいな事言われてもですね!

この「領民のやる気」ってのが曲者。食料が十分に足りてても雨が降るとズガンズガンやる気減ってく!
食料が有り余るほどあっても何日も雨が降ると面白いぐらいやる気が減っていきます。
頭に来てアンインスコ→頭が冷えてまたインスコを繰り返し相変わらずここで停滞しております。
まだ序盤だってのに・・・
ネットで攻略情報を探してもこのゲーム自体マイナーらしく全然見つからないのだった。
1個だけ攻略情報の載ってるブログを見つけたがそのブログ主が詰まったのはかなり後らしく俺が詰まってる所の攻略情報は皆無。Oh・・・

雨降ってるだけでやる気失くしてんじゃねぇよ!世の中の社会人は雨降ってても働いてるんだよ!とか逆ギレしてみてもどうにもならんのだった。

面白いので皆やってみてよ!そして俺に攻略情報を下さいお願いします!(´Д⊂グスン

そういやこと座流星群は2時ごろに外に出たがあまりの寒さにタバコ一本吸って部屋に戻って寝る体たらく。
だから貧乏なんですね!
スポンサーサイト

Trackback[0] Comment[0] ▲ Pagetop

もはや別荘(グロ注意) [雑記]

2013.01.31 Thu 20:35

もう一昨年にもなるが仕事中にうっかり転んで骨折してしまいチタンを左腕に入れたんだが「最近は抜くリスクのがでかい」とやらでほねっこがくっついたのにチタンは放置されとったわけです。

んで去年の秋頃、仕事で毎日重いもの持ってたら左腕がなんか変なずれ方をするようになり手術してくれた病院に駆け込み「左腕がぐりゅっとするんです!」と訴えた所あっさり抜く事に決定!
なんかでかい病院にありがちな偉い人以外はころころ医者が変わる所で俺が骨折して手術して貰った先生はその後別の病院に変わっており(この人は一年後抜く前提だった)一年後に「抜かなくていい」って言った先生は別の人、「ぐりゅっとするんです!」ゆうたらあっさり「抜きましょう!」ゆうた先生も別の先生でした・・・。

んで先日早速抜いてきました!
「抜かなくていい」って言った割には「次に事故起きたとかで骨の中でチタンが曲がると取り出すのにまた骨を砕かないといけなくなるので腕を切断するしかなくなる」とか散々脅かされ怖くてしゃーなかったんだが次の先生はあっさり抜く事になってなんか拍子抜け。
「前の先生に事故って曲がったら腕切断しかなくなるって言われて怖くてしゃーなかった」と言うと「チタン曲がるような事なったら腕切断どころか吹っ飛んでるんで安心しなさい」とか変な励まし方をされました・・・

マーキング
手術前に先生が俺の腕のほくろを利用して「切るのはこっちの腕」マークを描いてくれたよ!
左にうっすらあるのは前回の手術跡ですよ!

かた
んでなんだかんだあって無事抜けましたよ!
もう一箇所ひじの方にも生々しいのあったりしますよ!
上の画像と腕違うのは上のは自撮り難しかったんで鏡に映して撮りました。
今回も同室のボケ老人に悩まされたり色々あったけど本日無事退院!
スマホあったんで暇つぶしには困らなかったなぁ。スマホアプリのゲームもっさり入れてったんで。

抜糸まだだけど「事故って腕切断することなったらどうしよう」って不安はなくなったんで一応ヨシとしとこう。
労災で入院費やら治療費タダだしね!
これでここ二年ぐらい続いてた悪い流れも断ち切れるといいんだが・・・。

Trackback[0] Comment[0] ▲ Pagetop

マルホランド・ドライブ(ネタバレ有) [雑記]

2012.12.15 Sat 21:52

俺の好きな漫画家さん(カネコアツシ)が先日東京であったデビッド・リンチ展に行ったとかでなんだか急にデビッド・リンチの映画を観てみよう!って事に。
デビッド・リンチの映画ゆうたら子供の頃テレビでやってたエレファントマンを父親に「ぞうさんの映画だよ☆ミ」と騙されて観てゲロ吐いた過去とそれから数年後大人になってなんかで「イレイザーヘッド」が絶賛されてて気になって見てあまりのわけのわからなさと毒の強さに一週間ぐらい鬱になった思い出が・・・

また観て鬱なったらやだなぁとか思いつつ名前の聞いたことのある「マルホランド・ドライブ」を観ることに。
デビッド・リンチ作品で一番毒の強いのが「イレイザーヘッド」らしいのでそれを観た俺なら他のも大丈夫だろうと。
二時間半という長さに半分萎えながらDVDスタート!

真夜中のマルホランド・ドライブを走る車が事故を起こす。一命をとりとめた女は、高級アパートの部屋に忍び込んだ。そこは女優志望のベティが叔母から借りた部屋。ベティは女を叔母の友人だと勘違いし、女も話を合わせるが、彼女は記憶喪失になっていた…。
デビッド・リンチ監督が、TVシリーズ用にあたためてきた企画だったが、米国のTV局に却下されたのち、フランスのプロデューサーに見いだされ、映画化された異色作。記憶喪失の女は何者なのか、過去に何があったのか…という謎でひっぱりながら、その真実はどんどんねじれていく。しかし、どんなにストーリーがねじれても独特のリンチワールドは最後まで貫かれ、見入ってしまうから不思議。まさに悪夢のような映画だ。カンヌ映画祭監督賞受賞作。(斎藤 香) ←アマゾンのレビューより。

あらすじだけ見るとサスペンスっぽいんだけど話と関係があるのか無いのか分からないエピソードや登場人物。
しょっぱなのジルバ大会と優勝して笑うベティから既になんだか不吉な感じがむんむんします。
空港から降りてきて女優になる夢を語るベティをにこやかに暖かく励ましておいてベティと別れた後でいやらしく意地悪そうに大笑いする老夫婦とか。
記憶喪失の女(自称リタ)の謎を解く事がメインになっているけど合間に挟まれる謎のエピソード。
ハリウッドを影で仕切ってるっぽい謎の人物や殺し屋の相棒がレストランの裏で遭遇した黒い男、ドジな殺し屋、映画監督アダムの嫁の不倫(嫁の暴れっぷりが面白い。あとアダムが嫁にした復習が宝石箱にピンク色のペンキを流し込むとか)
話が繋がってるのか繋がってないのかよく分からんうちにまさかの百合展開!
そして辿りついたクラブ・シレンシオ。泣き女の歌のシーンは凄い良い。
リタの記憶のカギを握るアイテムの青い小箱出現。アパートに戻るといつの間にか居なくなってるベティ。
カギを開けて箱を覗き込むリタ。箱の中は真っ暗で場面が暗転。

眠るベティを起こしに来るカウボーイ。そこからベティ=ダイアン、リタ=カーミラと呼ばれる後半部分に。
前半のベティは常にニコニコしてて綺麗めで明るい色の服を着てるがダイアンは何となくやさぐれた感じ。
前半ではオーディションを受けて大絶賛されたベティだったが後半でのダイアンは売れない女優。
恋人のカーミラにお情けで役を貰ってる感じ。
カーミラが出てった後に泣きながらダイアンがオナヌーする場面が無茶苦茶切ない。
そしてカーミラに誘われて行ったパーティーでダイアンはカーミラが映画監督アダムと結婚する事、更に新たな恋人の出現(こいつも女)を知らされ前半で出てきたドジな殺し屋にカーミラを殺す事を依頼します。
殺しの成功を知りドアから小人の老夫婦が襲ってくる幻覚を見てダイアンは拳銃自殺。そしてEND。

・・・全然分からん・・・後半でなんとなく分かったような気がするけどそれでも6割?5割?
もやもやするので他の人が書いた考察を見てなんとなく理解。
でも解釈は人によって違うみたいなのでもう一度じっくり見てみたいと思います・・・
悪夢っぽい感じやハリウッドを影で仕切ってるっぽい人物等所々カネコアツシっぽいなぁと思った。
全然意味が分からんけど二時間半が全然長くないです。

前半はダイアンの死ぬ直前に見た走馬灯・・・って言うか夢や妄想、後半は現実と幻覚?
挫折や裏切り、嫉妬や失望の中で死んだら死ぬ直前の走馬灯はこんななんだろうかと考えるような映画だった。
俺みたいに嫌なことがあると脳内で自分の都合の良いように再構築して妄想する人間にはなんてか身につまされるってか・・・
俺の所にもそのうちカウボーイが起こしに来るのかもしれない。言うか今が起こされた後か。
とりあえず返却する前にもう一度見ないとなぁ。



探してみたらあった「泣き女(口パク)」



Trackback[0] Comment[0] ▲ Pagetop

ずうずうしいわぁ(ネタバレ有) [雑記]

2012.11.25 Sun 17:25

IMAG0041.jpg
Wet Moon2巻買ったよ買ったよ!
前回のわけのわからなさから今回は更に話が広がってる感じ。
なんていうか夢の中を歩いてるかのような(しかも悪夢)不安でもどかしいような・・・
今回は情報屋・玉山と佐田の邂逅、小松の残した時限爆弾の謎、小宮山喜和子の過去等盛りだくさん!
一巻で「情報屋の玉山」という呼び名から勝手に玉山鉄二でイメージしてたんだが玉山鉄二とは似ても似つかなかったです。ソウネ。
一巻では「生きてるのか死んでるのか急に居なくなっても誰も気付かないような女」と言われていた小宮山喜和子だが小宮山喜和子の過去では怒ったり泣いたり笑ったりでえらい可愛い!
小宮山喜和子が着てる赤いコート。所々このコートが赤い色で印刷されててそこも格好良いです。

一巻で佐田の母親が男と逃げてしまい泣きじゃくる佐田少年に困った若い巡査が「お母さんはお月様に行っちゃったよ」と語るシーンがあったが二巻の小宮山喜和子の過去で小宮山喜和子も月に行っちゃうんでないかと思った。
泣きながら月に手を伸ばす小宮山喜和子がすんごい切ない。

今回駄菓子屋の職業婦人・アカリの出番が2Pほどしか無くて寂しい。
ヴィレッジバンガード渋谷店では限定Wet MoonTシャツにアカリちゃんが書いてあってちょっと欲しい。が着るの恥ずかしい!
一巻で結構気になってた片目の女・ルリ子がなんかもうとんでもないことに。

ここまで書いてきて俺レビューって向いてないなぁとしみじみ思った。
とりあえずWet Moonおすすめ。
WetMoonはSOILほど長く続かんのかすら・・・SOILは面白かったけど途中でちょっとだれてしまったので今回はどうなるんかのぅ。




Trackback[0] Comment[0] ▲ Pagetop

胃カメラ飲んできました [雑記]

2012.08.01 Wed 21:39

夏真っ盛りで毎日ヘロヘロな今日この頃皆様いかがお過ごしでしょうか!
俺は持病である薬を飲んでるんだがその薬は胃を荒らすので大抵胃薬と一緒に処方されます。
しかし何故か俺の主治医は胃薬をくれず特に不都合もないしいいかと放置してた所夏で体力落ちたせいかなんか胃の調子がむっさ悪い!
それで月一回の通院日に「胃が痛いので胃薬出して下さい」と先生にお願いした所
「胃カメラ飲まないと出せないね」との事・・・。Oh・・・。
胃カメラと言えば数年前食中毒でえらい事になった時に鼻から入れる胃カメラは体験した事があるので
「胃カメラ飲んでもいいけど鼻からのにしてくれ」とお願いした所「鼻から入れる胃カメラは細いから胃に異常見つかった時に処置出来ないので口から入れなおす事になるので最初から口からにしときなさい」と強制的に口から胃カメラを入れる事に!
胃薬くれって言っただけなのに何故こんな事に!

周りの胃カメラ体験者に話聞いたりネットで調べたりでやっぱり胃カメラはきっついと知りgkblしながら当日。
まずは内視鏡の待合室に通されゼリー状の麻酔を凍らせて固めたものを舐めさせられます。
一口サイズのカップゼリーぐらいの大きさ。全部溶けて無くなったら喉の奥にスプレー状の麻酔をスプレー。
これがまた苦くてヒリヒリします。なんか喉の感覚無くなってきたなぁ・・・とか思ってると二の腕に胃の動きを止める筋肉注射をブッスーと!
これがもう凄い痛い!注射や採血は結構慣れてるけど筋肉注射は刺された瞬間変な声が出るほど痛い!
看護士さん(美人)によると「胃カメラより筋肉注射の方が痛い」と言う患者さんも居るそうで・・・。
針刺すのも液入れるのも針抜くのも抜いた後も痛い筋肉注射に悶えてると横になるように言われマウスピースを咥えさせられる。
麻酔で喉の動きが止まってるので唾液が出ても飲まないで横に垂れ流すようにと看護士さんから説明が。
喉の動きが止まってるのに唾液を飲み込むと肺に入ってしまう場合もあるらしい。
あと目を閉じてもいけないらしい。
説明を受けてると内視鏡の先生が胃カメラを手に登場。そしておもむろに胃カメラ挿入!
麻酔されてても痛ぇ!もう胃カメラ抜いて帰ろうかと手が胃カメラに伸びそうになったとこで先生が「今一番細いところだからそこ抜けるまで我慢して。」この一番細い所を通してるときが一番きつかった!
ネットで見た体験談では「看護士さんが背中をさすってくれる」そうで期待していたが看護士さんは悶える俺を無表情で見下ろしてるだけなのだった。

一番細い所を通過してちょっと余裕が出てきたのでひたすら鼻から息を吸い口から息を吐いて耐える。
呼吸がかなり速かったらしく「もっとゆっくり息して!」とか怒られてしまう。
モニターが見れるかと思ったが俺の頭の上にあるので見られずちょっと残念。
胃の奥の方に胃カメラを突っ込まれた時は下腹が痛くなった・・・。腹を下した時のような感覚。
見るものもないのでとにかく先生の持ってる胃カメラの長さばかり見ていた。
先生が後ずさりながら胃カメラが段々出てきたので「そのまま!抜いて抜いて!」と心の中でエールを送るがその後前進されてまた胃カメラが奥に入ってったり。
時間にして10分ほどだったが無茶苦茶長かった・・・。
看護士さんに胃カメラ飲むのが上手だと褒められたりして結局痛かったのは最初だけだったがもう二度と胃カメラ飲みたくないです。
数年前に受けた鼻からのがまだマシだったかなぁ。少なくともおえっとはならなかったし。

終わった後写真を見せて貰って説明を受けたが軽い慢性胃炎で特に心配もないと。
その後の診察で「胃薬出しても良くなる要素無いし胃薬出しません。あなた頑丈だから大丈夫!」と先生にいい笑顔で言われ「胃カメラ飲み損やん!」とリアルでΣ(´Д`lll)←こんな顔になった。

鎮静剤を打たれて寝てる間に胃カメラ終わる所もあるらしく今度受けるときは寝てるうちに終わらせて欲しいもんです。飲まないのが一番だけどね!
医学の進歩で年々胃カメラは細くなってるらしくもし今度飲む事があったらもっと細いのになってる事に期待!



Trackback[0] Comment[0] ▲ Pagetop

Skin:Babyish
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。