ぽんぽん丸航海日記

大航海オンラインだったりラグナロクオンラインだったりなブログ。 (C)2005 KOEI Co., Ltd. All rights reserved.

スポンサーサイト [スポンサー広告]

--.--.-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ▲ Pagetop

マルホランド・ドライブ(ネタバレ有) [雑記]

2012.12.15 Sat 21:52

俺の好きな漫画家さん(カネコアツシ)が先日東京であったデビッド・リンチ展に行ったとかでなんだか急にデビッド・リンチの映画を観てみよう!って事に。
デビッド・リンチの映画ゆうたら子供の頃テレビでやってたエレファントマンを父親に「ぞうさんの映画だよ☆ミ」と騙されて観てゲロ吐いた過去とそれから数年後大人になってなんかで「イレイザーヘッド」が絶賛されてて気になって見てあまりのわけのわからなさと毒の強さに一週間ぐらい鬱になった思い出が・・・

また観て鬱なったらやだなぁとか思いつつ名前の聞いたことのある「マルホランド・ドライブ」を観ることに。
デビッド・リンチ作品で一番毒の強いのが「イレイザーヘッド」らしいのでそれを観た俺なら他のも大丈夫だろうと。
二時間半という長さに半分萎えながらDVDスタート!

真夜中のマルホランド・ドライブを走る車が事故を起こす。一命をとりとめた女は、高級アパートの部屋に忍び込んだ。そこは女優志望のベティが叔母から借りた部屋。ベティは女を叔母の友人だと勘違いし、女も話を合わせるが、彼女は記憶喪失になっていた…。
デビッド・リンチ監督が、TVシリーズ用にあたためてきた企画だったが、米国のTV局に却下されたのち、フランスのプロデューサーに見いだされ、映画化された異色作。記憶喪失の女は何者なのか、過去に何があったのか…という謎でひっぱりながら、その真実はどんどんねじれていく。しかし、どんなにストーリーがねじれても独特のリンチワールドは最後まで貫かれ、見入ってしまうから不思議。まさに悪夢のような映画だ。カンヌ映画祭監督賞受賞作。(斎藤 香) ←アマゾンのレビューより。

あらすじだけ見るとサスペンスっぽいんだけど話と関係があるのか無いのか分からないエピソードや登場人物。
しょっぱなのジルバ大会と優勝して笑うベティから既になんだか不吉な感じがむんむんします。
空港から降りてきて女優になる夢を語るベティをにこやかに暖かく励ましておいてベティと別れた後でいやらしく意地悪そうに大笑いする老夫婦とか。
記憶喪失の女(自称リタ)の謎を解く事がメインになっているけど合間に挟まれる謎のエピソード。
ハリウッドを影で仕切ってるっぽい謎の人物や殺し屋の相棒がレストランの裏で遭遇した黒い男、ドジな殺し屋、映画監督アダムの嫁の不倫(嫁の暴れっぷりが面白い。あとアダムが嫁にした復習が宝石箱にピンク色のペンキを流し込むとか)
話が繋がってるのか繋がってないのかよく分からんうちにまさかの百合展開!
そして辿りついたクラブ・シレンシオ。泣き女の歌のシーンは凄い良い。
リタの記憶のカギを握るアイテムの青い小箱出現。アパートに戻るといつの間にか居なくなってるベティ。
カギを開けて箱を覗き込むリタ。箱の中は真っ暗で場面が暗転。

眠るベティを起こしに来るカウボーイ。そこからベティ=ダイアン、リタ=カーミラと呼ばれる後半部分に。
前半のベティは常にニコニコしてて綺麗めで明るい色の服を着てるがダイアンは何となくやさぐれた感じ。
前半ではオーディションを受けて大絶賛されたベティだったが後半でのダイアンは売れない女優。
恋人のカーミラにお情けで役を貰ってる感じ。
カーミラが出てった後に泣きながらダイアンがオナヌーする場面が無茶苦茶切ない。
そしてカーミラに誘われて行ったパーティーでダイアンはカーミラが映画監督アダムと結婚する事、更に新たな恋人の出現(こいつも女)を知らされ前半で出てきたドジな殺し屋にカーミラを殺す事を依頼します。
殺しの成功を知りドアから小人の老夫婦が襲ってくる幻覚を見てダイアンは拳銃自殺。そしてEND。

・・・全然分からん・・・後半でなんとなく分かったような気がするけどそれでも6割?5割?
もやもやするので他の人が書いた考察を見てなんとなく理解。
でも解釈は人によって違うみたいなのでもう一度じっくり見てみたいと思います・・・
悪夢っぽい感じやハリウッドを影で仕切ってるっぽい人物等所々カネコアツシっぽいなぁと思った。
全然意味が分からんけど二時間半が全然長くないです。

前半はダイアンの死ぬ直前に見た走馬灯・・・って言うか夢や妄想、後半は現実と幻覚?
挫折や裏切り、嫉妬や失望の中で死んだら死ぬ直前の走馬灯はこんななんだろうかと考えるような映画だった。
俺みたいに嫌なことがあると脳内で自分の都合の良いように再構築して妄想する人間にはなんてか身につまされるってか・・・
俺の所にもそのうちカウボーイが起こしに来るのかもしれない。言うか今が起こされた後か。
とりあえず返却する前にもう一度見ないとなぁ。



探してみたらあった「泣き女(口パク)」



スポンサーサイト

Trackback[0] Comment[0] ▲ Pagetop

ギョギョー [未分類]

2012.12.07 Fri 22:58

スマホでうちのブログ見たらどうなるんかなぁって検索してみたら
http://matome.naver.jp/odai/2135350758370357301こんなとこに転載されてたよ!
なんも言えねぇ・・・言うか「べんぞうさんの中すごくあったかいなりぃ」って有名なネタだと思うんだが・・・
うわーどうしよう スゲーショック
これでハァハァしてうちのブログに飛んで来た人居たらガッカリすること間違いなしですね!

Trackback[0] Comment[0] ▲ Pagetop

Skin:Babyish
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。