ぽんぽん丸航海日記

大航海オンラインだったりラグナロクオンラインだったりなブログ。 (C)2005 KOEI Co., Ltd. All rights reserved.

スポンサーサイト [スポンサー広告]

--.--.-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ▲ Pagetop

せっかく課金したってのに [雑記]

2006.09.22 Fri 21:40

全く大航海にINしてない日々__| ̄|○ROが経験値1・5倍期間だったり父親にこれ読めこれ読めとごっそり本渡されたり何かDVD借りて来たりCD買ったりで。
今回は借りてきた本やらなんやらについて書いてみようかと。
まず買ったCD部門。
ようやくTHE BIRTHDAYのシングル「Stupid」購入。チバの迷走っぷりに目眩が__| ̄|○それにしてもこのブログ書くにあたって今頃ユニバーサルのバースディ公式サイトの存在に気づいたんだが何でトップにあんな全員映りの悪い画像使うのか。キュウが捕獲された宇宙人みたいなことに(´Д`;)3曲の中で気に入ったのは「ハレルヤ」ですかね。爽やか系。stupidはチバお得意のトーキングブルース(これで合ってるんだろうか)で相変わらず手が付けられませんがな!歌詞について細かい突っ込み入れてるようではチバの曲なんか聴けませんよ!
これはこれで良かったんだけど・・・・やっぱりミッセル再結成して欲しい・・・(´Д⊂グスン

次はGorillazのファースト!G SIDES持ってるし買うつもり無かったんだけどCD屋の店頭で見かけてフラフラ購入。
やっぱりGorillazいいなぁΣd(゚∀゚d)俺が唯一聴ける洋楽ですよ!
Re-HASHとTomorrow Comes TodayとRock The House とClint Eastwood と5/4が特に好き。2-Dは両方の眼球無くなってるんですな。て事は盲目?PV見てるとむっさ普通に行動してるんだが。心眼ですかね。
久しぶりに公式サイトのコングスタジオ行ってみたら荒れ果てて大変な事になってた(;´Д`)解散説流れてるしやっぱり解散するんだろうか・・・

次に父親がごっそり貸してくれた本ら。リリー・フランキー「東京タワー」、宮部みゆき「ブレイブストーリー」上下巻(父親は宮部みゆきファン)、横山秀夫「半落ち」、高野和明「13階段」、宮部みゆき「日暮らし」上下巻、宮部みゆき「孤宿の人」上下巻。
読み終わったのから適当に感想書くと13階段むっさ面白かった(ノ´∀`*)加害者とか被害者の境目が何だか良く分からなくなる一品。
東京タワーはうちの父親が「主人公はマザコンや」と吐き捨てるように言ってたんだが読み終わってみると孝行息子なだけでマザコンじゃないんでは(´Д`;)おかんがひたすら良いおかん。大泉洋がボク役でドラマ化されるとかでドラマも見てみよう。
ブレイブストーリーは面白かったけど最初のほうは何だか手垢が付いた古典的RPGな感じであんまり・・・だったんだが読んでる内に面白くなって来ました(ノ´∀`*)主人公の父親は母親と主人公捨てて浮気相手の元に走るんだが浮気相手と父親が元々結婚するはずだったのに嘘まで付いて父親かっさらってった母親とかドロドロしすぎ!夏に夏休み映画としてアニメ化されたんだがここらのドロドロは子供向けにソフト加工されてたらしく・・・
映画では北の国のエピソードが出てこなかったらしくやっぱり今のご時世だと北の某国に突っ込まれるからですかね(´Д`;)
半落ちは面白かったけどもっと意外なオチ期待してたのに・・・
タイトルが半落ちだからなんですかね。

ここまで書いてきていい加減だるくなってきた__| ̄|○
最後に最近見たDVD男達の大和!
仕事中に聴いてたラジオで大絶賛してたのとTSUTAYAでいつも全部借りられてて気になってたんだが一本だけ残ってたんでレンタル。
実は戦争映画結構好きだったりする(ノ´∀`*)
長くなってきたしまだ観てない方やこれから観る予定の方が居るかもなんでネタバレ有りの感想は続きを読むで
続き。ネタバレ有り男達の大和感想。

鹿児島県・枕崎で生きてきた老漁師の神尾(仲代達矢)は、内田真貴子(鈴木京香)と名乗る若い女性に懇願され、東シナ海を西へと、小さな漁船を走らせていた。「内田二兵曹……」。
神尾の胸に、鮮やかに、そして切々と甦ってくるのは、60年前の光景、戦友たちの姿……。
↑公式に出てきたあらすじのさわり。
大和の水没地点に向かう内田真貴子と神尾と見習い漁師のアツシ。
途中で当時の回想が始まります。
人間ドラマ云々より突っ込みどころばかり覚えてるって所が人としてどうかと__| ̄|○
内田ニ兵曹の恋人役の寺島しのぶがちょっとおばちゃん過ぎなんじゃないかと(´Д`;)肌襦袢姿になって内田(中村獅堂)と抱き合うシーンはちょっときつかった・・・竹内結子もびっくりですな
神尾と西も何だか知らんうちに親友の間柄になっててなんでいきなり!?とか相変わらず日本映画は声が聞き取りにくくボリュームでかくしてたらレイテ戦のシーンで音がでか過ぎて困ったとか(´Д`;)
今回登場人物のセリフは広島弁が多かったから更に聞き取り辛かったんかなぁ。
何だか色々ありつついきなり一兵士にスポットライト当たったり登場人物が多すぎていまいち把握出来ないまま(これは自分の理解力のせいかと)話はヤマの沖縄特攻に移ります。
敵は航空部隊なのにこっちは味方の航空部隊の援護も無く向こうの機動力と比べるとこっちはでかいしまさに標的にして下さい状態。
大和の人らも頑張るけど敵の機銃掃射で続々と倒れて行きます。この倒れてくシーンがスゲェ!主人公ら頑張る→他の人ら映る→次の瞬間機銃掃射で倒れる→主人公ら頑張る→今度は他の部屋映る→次の瞬間機銃掃射で(略)のループ。
凄いです。キルビル並のドライヴ感です。あまりにも凄い勢いでみるみる人が死んでいくので見てるこっちは( ゚д゚)ポカーン
船の壁が血で真っ赤!色々爆発して兵士がワイヤーアクション丸出しで飛びまくります。何て言うんだろう。まさに「人がゴミのようだ!」
( ゚д゚)ポカーンとしてる間に大和沈没。生き残って並んで泳ぐ神尾と西。
見たところ大した怪我もしてなく結構綺麗な西が突然「俺はもう駄目だ・・・」みたいな事を言いつつ沈みます。
西の「もう駄目」発言も駄目な感じが全くしない普通の声色だったんですが!何が駄目なのさ!?(´Д`;)

そして回想も終わり大和の沈没地点に到着して終わり。
これっぽっちも泣けなかった俺は冷たい人間なんでしょうか__| ̄|○
やっぱり戦争映画は登場人物多くて20人程度で一人一人のバックグラウンドをしっかりやって死に様をネチネチやった方がより戦争の残酷さが伝わるんじゃないかと。あんなキルビル並のその他の人たちの死に様ではちょっと・・・
登場人物多すぎて別れのシーンとかさらさらっと終わった感じだったし。
あと最近のCG技術はかなり発達して映像は本当に凄いと思うけどやっぱりセットに比べると薄っぺらいと言うか綺麗すぎてリアリティが無いような。
どこがセットでどこがCGかって突っ込まれたら答えられないんだが。
ローレライもそうなんだが何か最近の戦争映画は薄っぺらいような気がする。
自分がスレて来たせいなのかもしれん(´Д`;)
映像はキレイだったけど俺的にはいまいちでしたよ。
スポンサーサイト

Trackback[0] Comment[4] ▲ Pagetop

COMMENT

きのう、迷走しな [BlogPetのサバヲ]

きのう、迷走しないです。
それにしても大和で男を解散した。

2006.09.30 Sat 16:50 *Edit ▲ Pagetop

つっこみどころ [Lovin]

いや、何よりもっともつっこまなきゃいけない場所があるよ。

戦後60年、内田ニ兵曹が引き取った「戦災孤児」の役のはずの内田真貴子・・・。
最低でも60歳のはずです。
なにそれ、鈴木京香?
え?
60歳?

2006.10.02 Mon 03:42 *Edit ▲ Pagetop

[ぶぎ]

あぁぁそれ俺も思ってたのに書くのすっかり忘れてた!しかも公式のあらすじで「内田真貴子と名乗る若い女性」って書いてあるけど若いって年でもないじゃん(;´Д`)
戦災孤児はあれですよ。
内田真貴子は平洋戦争と見せかけてベトナム戦争の戦災孤児なんだよ!(1960年~75年)
実は内田ニ兵曹はベトナム戦争にも参加してたんだよ!
ΩΩΩΩ<ナンダッテー!?
やっぱ無理か。

2006.10.03 Tue 21:21 *Edit ▲ Pagetop

日で映画と境目を [BlogPetのサバヲ]

日で映画と境目を浮気されたの。

2006.10.30 Mon 13:38 *Edit ▲ Pagetop

COMMENT FORM

 

TRACKBACK

TRACKBACK URL

http://boogiegvo.blog10.fc2.com/tb.php/114-d2ab7f6c

Skin:Babyish
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。